Loading...
かぶせ茶

かぶせ茶のこと

かぶせ茶とは

かぶせ茶は漢字で冠茶とも書き、その名通り被覆栽培という製法で作るお茶です。じっくり丁寧に淹れると濃厚な出汁のような旨味を堪能することができます。京都の宇治茶では被覆栽培されたものが多く存在します。中でも南山城村ではかぶせ茶の栽培が盛んに行われています。被覆期間にもルールがありまして、宇治茶では14日以上被覆栽培した茶葉はかぶせ茶と呼ぶことができます。

被覆栽培

茶畑に寒冷紗(かんれいしゃ)というネットをかけて上げて直射日光を防ぐ製法です。これをすると渋み成分の少ないお茶になりますので、旨味成分を多く含んだお茶ができます。
かぶせ茶を作ります場合はお茶刈りを始める約2週間ほど前に被覆ネットを茶畑にかけて、お茶刈りをする際にも被覆ネットを取ってからお茶刈りを始めます。

かぶせ茶
最新情報をチェックしよう!

お茶の時間の最新記事8件